299 浅草寺界隈散歩 10年03月12日(金)

概要:新着パンケーキレンズの試写を兼ねて何となくぶらりと浅草駅へ降り立った。浅草松屋百貨店の屋上から東京スカイツリーを見ようとエスカレーターに乗る、何と4階から上が閉鎖状態そして6Fベスト電器が閉店セールをしていた。昨年暮れに業務縮小を決め6月頃から地下1階-3階(2階は東武鉄道のターミナル)の営業に絞り込み「東京スカイツリー」の開業に合わせ観光客などをターゲットに収益率を上げるもくろみのようだ。

カメラ:E-P2

レンズ:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH

アクセス:東武伊勢佐木線「浅草」駅下車

雷門・仲見世

1/20 雷門・仲見世:雷門付近から見た「東京スカイツリー」曳舟駅から見ると現在の高さが311mと表示が出ていた。完成時の高さが634mだからこれで約半分の高さだ!東京タワーとは見た目がかなり異なり円筒形で基礎部分の広がりがあまりなく高さの割に地上部はコンパクト。東京のランドマークタワー、平成23年末竣工翌年の春開業予定とか。

雷門・仲見世

2/20 雷門・仲見世:道路を隔てた雷門の向かい側で「新・浅草文化観光センター」の工事が始まっていた。ユニークな外観の8階建てで8階は展望テラスになるようで完成が待ち遠しい。

雷門・仲見世

3/20 雷門・仲見世:雷門、いつ来ても国際色豊かな観光客で賑わっている。

雷門・仲見世

4/20 雷門・仲見世:雷門をくぐり仲見世へ入る、色彩豊かなおみやげ物を見るのも楽しい。

雷門・仲見世

5/20 雷門・仲見世:これも土産か、提灯なら折りたためばかさばらないのかも。

雷門・仲見世

6/20 雷門・仲見世:浅草寺(せんそうじ)本尊開示の垂れ幕が。

雷門・仲見世

7/20 雷門・仲見世:外人目当てのおみやげかも。

雷門・仲見世

8/20 雷門・仲見世:2週間もすれば桜の時期か..

浅草寺

9/20 浅草寺:仁王門と五重塔。

浅草寺

10/20 浅草寺:あいにく本堂は改修工事中(平成21年3月-平成22年11月)だったが内部は通常公開。

浅草寺

11/20 浅草寺:何とも巨大なわらじだ!最近新しいもの置き換えられたようだ。

浅草寺

12/20 浅草寺:この日は午後から曇り空になり冷たい風が吹いていた、本堂・五重塔・仁王門などは昭和20年の戦災で焼け落ち、鉄筋コンクリート造りで再建されたもの。

浅草寺

13/20 浅草寺:本堂前にて。

浅草寺

14/20 浅草寺:本堂内天井。浅草寺の宗派は聖観音宗(しょうかんのんしゅう)で昭和25年までは天台宗だったそうだ。天井画、中央が川端龍子による「龍之図」で奥と手前が堂本印象による「天人之図」。

六区

15/20 六区:ここら当たりが浅草六区の真ん中。この辺りを歩くと遠い遠い昔木馬館で「白雪姫と7人のこびと」を見た記憶が蘇る。

伝法院通り

16/20 伝法院通:リニューアルされた商店街。

浅草公会堂前

17/20 浅草公会堂前:公会堂前の有名人手形、顔以上にバラエティーに富んでいる、お気に入りの有名人を見つけるのも楽しみだ。

江戸金銀工芸

18/20 江戸金銀工芸:この店以前あったっけ?

江戸金銀工芸

19/20 江戸金銀工芸:内部を外から見る。

新仲見世

20/20 新仲見世:長蛇の列ができていた、下町スイーツの定番”たいやき”、オッサンには場違いかそろそろ帰ろう。